『台湾が憧れる台湾。』台東県

台東は台湾の東南の端に位置していて、台湾で海岸線が最も長い県なんです。

台東の地形は細長く、海岸線は176キロ の長さがあります。土地の面積は約3,515平方キロメートル、台湾総面積の9.78%を占めており人口は約22万5,000人です。台東は台湾の最後の穢れのない地とも讃えられ、自然の景観が壮麗で太平洋上には2つの真珠(緑島と蘭嶼)があります。海岸山脈東側の各海階には、全台湾で密度が最も高い史前文化の遺跡が分布しており、すでに発見されただけでも40~50ヶ所以上もの遺跡があります。
台東は原住民族の故郷でもあり、原住民の人口は全県人口数の約3分の1をしめております。
台東は人文、部族の多元性が開放されている地域で、大勢の文芸に携わっている人達が多くいます。ルミナスホットスプリングリゾート&スパでは、

ロハスの旅、風まかせのぶらり旅、のんびりサイクリング、新鮮な海山の幸を堪能、そしてなにより新しい台東のスタイルで忘れない思い出作りのお手伝いをさせていただきます。
台東県は、東の辺境に位置するため交通が不便なことなどから昔から「後山」と呼ばれておりました。そのため開発が遅れたことにより幸いにも多くの素朴で特有な自然景観が保たれ、県内には自然文化保留区、国家風景区があります。

 


人文の背景

最も早く台湾に住みついた現住民族は、アミ・プユマ・ルカイ・ブヌン・パイワン・ヤミ(タウ)・クラバン等七つの民族です。
近年、外国人との結婚で新たな移民も年々増加し、様々な民族がこの地に定居しており、今日の台東には多元文化の様相が醸し出されています。


気候

気候は局部地形の為、入り混じりあって複雑で変化に富んでおります。
台東県境はすべて北回帰線より南にあるため、高山を除き熱帯気候の範囲となっております。


農産物・特産品

工業による汚染がない台東は農産品が豊かで、池上米、関山米、福鹿茶、紅ウーロン茶、太峰高山茶、釋迦頭、金針花、椎茸、洛神花、オレンジ、ダイダイ等の農産物は全国的に有名です。
また、太平洋の黒潮が流れる海域にある為、漁業資源はカジキ、シイラ、太刀魚、トビウオ等が豊富です。その他、台湾アワビ、白蝦の養殖、また鰹ぶし等の加工海産物もございます。


ロハス都市

高山、縦谷、平原、海岸・・・・台東は海と空が一色の明媚な景観を描いており、海岸山脈の両側には、東海岸国家風景区及び花東縦谷国家風景区に区分されています。
南の大武山は自然保護区、知本及び向陽を森林遊楽区としています。離島の蘭嶼の人文は独特なもので、緑島には世界的に少ない国際級の海底温泉があり、指折りの観光レジャーの場所といえます。

以上、台東県政府ガイドブックより抜粋

ルミナスホットスプリングリゾート&スパ
日本営業部公式サイト

台湾/リゾートホテル
所在地 台東縣鹿野鄉中華路一段200號
TEL +886-89-550888
日本営業部 
所在地 神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-1
横浜大通り公園ビル4F
TEL 080-4781-5581(担当:小野)